忍者ブログ

鹿の子台FC U-12

神戸市の最北端.北区の鹿の子台小学校,長尾小学校,道場小学校の児童を中心に活動するサッカークラブ.6年生のUnder-12カテゴリーの活動を紹介します.

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

神戸市北地区1Aリーグ 終了

6月11日(日) 第9節
2 vs 4 FCフレスカ神戸

 2失点するも, FKとミドルシュートで追いつく.
後半は,少しの隙からシュートを打たれ,2失点.

 勝ち点を積み上げることができず,最終節に勝っても,北五葉SCが有野SCに引き分け以上,箕谷SCが2勝すれば勝ち点で下となり,六甲リーグ進出は無くなるという展開となりました.

6月18日(日) 最終節
3 vs 0 FCウィングス

 6月に入り,意識付けてきた「ゲームを作る」という感覚が少し出せた試合でした.
連携,連動.今シーズンで一番のゲームでした.

 とりあえず,自分たちのできることはすべてやって,他チームの結果待ち.

 北五葉SC 1vs2 有野SC これで北五葉よりも上になりました.

 箕谷SC 5vs0 押部FC 次の試合で箕谷が負ければ六甲リーグ進出.
 
 箕谷SC 0vs4 FCフレスカ神戸.

六甲リーグ進出決定.

 
 7月は「神戸の代表」として,県大会を戦います.
9月以降は「北地区の代表」として全市リーグを戦います.

 みんなには,「責任」というものも感じてもらい,より努力する姿勢を見せて欲しいですね.

 役割,責任・・・まずは目の前の日常生活から,改善していって欲しいと思います.

拍手[5回]

PR

神戸市北地区1A 前期リーグ

第8節 0-1小部キッズ ●

 すでに2敗している状態で,後がない状況.

それがわかっているのかわかっていないのか,会場についてからダラダラと過ごす選手たち.

 アップ開始時間を伝えているにもかかわらず動こうとしない.
促されて動き出すも,ダラダラと移動.

 1月のライオンズ新人戦,そして今回のライオンズ杯.どちらも神戸市3位.

 このチームには,県トレはおろか,市トレもいないチーム.
誰かがすごいとか,誰かに頼るとかそういうことのできないチームであることは明白.

 そのチームが,サッカーへ取り組む態度へのご褒美として,サッカーの神様が勝たせてくれていた.

 この1ヶ月の選手たちの態度をみていると,そりゃあサッカーの神様も見放すよね?

 自分たちで何かを変えないといけないんじゃない?

拍手[0回]

第39回神戸ライオンズ杯 U-12大会準決勝・決勝 二度目の正直は?

5月13日(土) 雨の降る中の最終日でした.

【準決勝】
0 vs 4 FCフレスカ
 北地区同士の対決.4月29日にリーグ戦での前哨戦が予定されていたものの,雷で中止でした.

 天候は雨.芝のピッチでもペナルティアーク付近に水たまりがある状態.
 
 前半開始早々,DFからのバックパスが逸れてそのままゴール.痛い先制を喫する.
 自分たちのミスで失点したものなので,切り替えれば済むものであるが,引きずってしまう.

 パスミスを恐れる,キックすることを恐れる・・・.

 DFは十分対応しているものの,どこかぎこちない.

 相手のミドルシュートがDFの身体にあたり,コースが変わって失点・・・これも致し方ない失点.切り替えが必要.

 試合が進むにつれて,ひとりずつずらされていく・・・.失点を重ねる・・・.相手の思う壺である.

 後半は,変わった選手が忠実にサイドを切っていく.少しずつペースを掴み,チャンスを掴むもなかなか得点には至らず,最終的に0-4でタイムアップ.

 残念ながら,決勝戦に駒を進めることはできなかった.

【3位決定戦】
0 vs 1 井吹台SC
 3位決定戦といいながら,すでに3位は決まっている.そして県大会出場も手にしている.

 だからこそ,新人戦と同じ相手と同じ土俵.鹿の子台FCの歴史を変えようと挑んだ一戦.
 前半早々押し込み,チャンスを作る.やはりこの時に決めておきたかった.

 前半10分.ビルドアップのボールを奪われ,サイドを突破される.ゴール前の混戦からゴールを奪われ失点.

 準決勝と違い「これからこれから!」の声がピッチの中で飛ぶ.雰囲気は悪くない.
 
 その後もチャンスを作るが最後のところで繋がらない.サイドを突破した後が続かない・・・そんな展開.

 コーナーからのチャンスもわずかにゴールを捉えられなかった.

 その後は攻め立てられることもなく,押し気味の展開であったにもかかわらず,ゴールが遠い.タイムアップ.

 0-1のスコア.

 新人戦の時よりも,少しだけ差が縮まったのかな?と思える内容.

 自己最高記録を更新することはできなかったけど,2大会連続の神戸市3位(下位)は立派なものだと思う.

 ここから上を目指すために必要なもの.
それは明白になっている.

 その差を埋めるためには前進しかない.

 鹿の子台FCの成長はとまらない・・・.

拍手[0回]

春季ライオンズ杯 準々決勝・・・歴史を感じ,歴史を作る

春季ライオンズ杯 準々決勝
1vs0 神戸FC

 神戸FCは,日本で一番最初にできたフットボールクラブ.
神戸では「FC」といえば神戸FCを指すと教えられたことがあります.

 歴史のあるFCと,創部20年を超えたばかりの歴史をこれから創っていくFC.
大半の予想は神戸FCの勝ちなんだろうな〜・・・.
試合前はそういったことを少し考えました.

 さて,試合は3回戦とは逆の展開.
コーナーキックのこぼれ球を,DFが目の覚めるようなミドルシュート.ネットに突き刺さりました.

 実は,前日の交流戦で,こぼれ球のシュートを遠慮していた彼.今日は思い切って打っていきました.
 シュートの素晴らしさもあってか,いつもに増して盛り上がる選手.ベンチの選手たちも大盛り上がり・・・この一体感が素晴らしかったですね.

 1-0での折り返し.
先ほどの逆の展開に,1試合目の心理状況と逆になることを伝え,さらに相手の力量からして,失点もあり得ること,だからもし,失点しても下を向かずに前を向こうと伝えました.

 後半は攻勢を強める相手に対して,粘り強い守備,そしてGKのファインセーブもあり,無失点でホイッスル.

 なんとか,ベスト4に残りました.

 これで鹿の子台FC創部以来初めての県大会出場が決まりました.

 歴史あるクラブとの対戦で,新たな歴史を創ることができたことに喜びを感じるとともに,敗れてもあくまで真摯な態度を貫き通す,その姿勢を学ばなければならないなと思います.

 準決勝はフレスカ神戸との対戦になりますが,その前にリーグ戦でも対戦する予定です.

 ベスト4は新人戦でも経験しています.
自己記録更新を目指して,頑張ってもらいましょう!

拍手[4回]

春季ライオンズ杯 シードチームとして臨む・・・初戦.

4月23日(日)
春季ライオンズ杯 3回戦
2vs1 駒ヶ林

 全46チームが参加するトーナメント.
新人戦でベスト4に入ったことで,今回は初めてシードチームとしての参戦です.

 とは言っても,おそらく,多くの方々は「組み合わせが良かっただけでしょ?」という印象なんだろうなと思います.実際そうだし・・・.

 今回は,前回がフロックでないことを証明するための戦いでもあります.

 が,今日は新人戦の時に出場していた両サイドバックが怪我で欠場というピンチ.
チームとしての総合力が試されます.

 2年生3年生の時は2チーム編成で戦い,4年生からは前後半総入れ替えなどで試合を行ってきたというみんなの経験は,こういう時に生きてくると思います.

 さて,試合は前半,相手の力強いプレーに対応できず,バタバタが続いていました.前半真ん中あたり,コーナーからのこぼれ玉を決められて失点.その後は少しポジションを修正して攻めの形を作るも0-1で折り返す.

 ハーフタイムに,次の一点が勝負だから,早めに取ろうということ.もしこちらに点が入った時の相手の心理状況の話をして送り出しました.

 すると,後半早々にボックス内での崩しから得点.
その直後のコーナーキックで弾丸ヘッドが決まり逆転.

 その後も攻め立てる状況ではあるものの,時折カウンターでピンチを迎える展開.

 ミドルシュートが決まり一点追加・・・と思ったところ,主審はオフサイドの判定.アシスタントも首をかしげる判定にベンチは疑問を呈するものの,選手たちはいたって冷静に受け入れ,その後もゲームを優位に進めていきました.

 体力テストの結果も考慮に入れながら選手交代を進め.フレッシュな選手たちがしっかり仕事を果たして,終了のホイッスルまで試合を運んで行きました.

 難しい初戦.
なんとかものにすることができました.

拍手[2回]

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

鹿の子台FC HP

http://kanokodaifc.takara-bune.net

プロフィール

HN:
鹿の子台FC
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R