忍者ブログ

鹿の子台FC U-12

神戸市の最北端.北区の鹿の子台小学校,長尾小学校,道場小学校の児童を中心に活動するサッカークラブ.6年生のUnder-12カテゴリーの活動を紹介します.

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鹿の子台FC 全体BBQ & 壮行会

6月4日 神戸市青少年公園にて,鹿の子台FC全体のBBQ大会が開催されました.

 全学年が一堂に会して開催されるのは初めてのことで,100名を超える選手,コーチ,保護者の方々が参加しました.

 開催に先立ち,6年生の県大会出場に向けた壮行会が開催され,5年生から応援の言葉と,低学年からはミサンガのプレゼントをいただきました.

 鹿の子台FCの代表として,決意新たに頑張るという6年生の言葉もありました.

 あとは,コーチたちはアルコールにまみれ,子供達はゲームで小麦粉にまみれ・・・.あとでお母さんたちに叱られているかもしれません. 

 普段,低学年と接する機会も少なく,新規入部の子供達の顔もあまりわからなかったのですが,交流が持てました.

 ONE KANOKOを感じられるひと時でした.

 ご準備いただいた役員の皆様,本当にありがとうございました.

拍手[0回]

PR

親子メンタルチューンアップトレーニング 第1回

5月20日(土)
 メンタルチューンアップトレーナー 中田久美子さんによる連続5回講座の1回目が開催されました.

 メンタルチューンアップとは,あまり聞きなれない言葉だと思いますが,中田さん曰く

「心は鍛えるものではなく,能力を最大限に生かして目的に応じて使えるように,心を整えていくもの」

 だから,強いとか弱いとかではなく,ありのままの自分を知って,コントロールすることが大切ということでした.

 そのために,生まれてからずっと潜在的に積み重ねてきた「記憶」をうまくコントロールして,良いように上書きしていく作業が必要.

 第1回目は,そんな都合の良い「記憶」を呼び起こすために必要な「自分のステキ」を探すワークが開始されました.

 これは,選手だけでなく,お母さんたちも同時に同じ作業をして,お母さんたちも「自分のステキ」を探していきました.
 大人にとっては,逆に難しい作業だったかもしれませんね.

 そして,リラックスと緊張をコントロールする方法,試合中に気持ちを切り替える方法を教えてもらいました.

 子供達だけで取り組んでも,家庭の理解がないとなかなか進まないのがこの年代のメンタルトレーニング・・・.親子で取り組むことで,良い方向に向かっていってくれればと思います.

 次回は,「言葉」がキーワード.

 子供達,そしてお母さんたちにどんな変化が出てくるか,楽しみです.

拍手[0回]

卒団式

3月19日 本年度の6年生を送る,卒団式が開催されました.

5年生の役割は,6年生一人一人に言葉を贈ること.

何週間か前から,その言葉を考え,そして練習してきました.

 大きな声で,胸を張って,6年生に言葉を伝えることができました.


さて,6年生が卒団したということは,5年生はFCの最高学年になるわけですね.

 6年生として,何を残すか?

成績としては,すでに過去の成績を上回るものを残して,少しだけ歴史を変えてきた部分がある.
でもそれは,まだまだ自分たちの手で更新しなければいけないし,下の学年に抜いてもらわないといけない.

 常に自分自身の記録を塗り替えようとする空気であったり,整理整頓する姿であったり,チームのために動くという精神であったり・・・

 本当に残さなければいけないことは,そういうことを,鹿の子台FCの文化として残していくことじゃないかな?

 卒団式の最後.試合や練習時間以外の過ごし方について,少し気になったので,明日の交流戦でどう過ごすのか?それを問いかけて締めくくりました.

拍手[0回]

1月17日 FC甲東VIVOさんとの合同練習

今日は,いつもお世話になっている甲東VIVOさんとの合同練習.

合同練習をさせて頂く狙いとしては,一番に「選手に刺激を入れたい」というもの.

 甲東の選手は,パスを効果的に使ってゲームを進めてきます.鹿の子台のように,行き当たりバッタリ・・・ではないので,どのような練習をしているのかな?そういう練習をうちの選手がすればどうなるのかな?という楽しみでもあります.

【メニュー】
◯ アイスブレイク(15分 鹿の子台 坂口)
◯ 個人技術練習(40分 鹿の子台 坂口)
◯ パス練習,2vs2(60分 甲東 荻野コーチ)
◯ 混成3チームでの総当たりゲーム(15分×3)
◯ 甲東vs鹿の子(15分)

 アイスブレイクは,やはり両チームがまずは楽しく,仲良くなることで,そのあとがスムーズにいくだろうと思いましたので,自己紹介や,少しコミュニケーションが取れるようなメニューをいれました.思いの外,打ち解けるのが早く助かりました.
 個人の技術練習は,昨年の1年間続けていたメニューを入れました.これは鹿の子台の選手は久しぶりのメニューでしたが,それなりに動けたようです.逆に甲東の選手は初めてということもあり,戸惑ったようです.

 甲東の荻野コーチにバトンタッチして,まずはインサイドキック・・・鹿の子台の選手はできない・・・(涙).甲東の選手はきちんと蹴っている.練習の差だな・・・.

 次の2vs2も,荻野コーチからの説明があったにもかかわらず,理解できない選手が多かったですね.普段から頭を使っていない証拠かな・・・?

 混成でのゲームでは,実力差というよりは,やはり声を掛け合って,チームとしてまとまったところが最終的には強かったです.
 声を出さずにプレーしているチームも,上手くいっていませんでしたが,「もっと声かけてやってごらん」と促し,声がかかりだすと得点に結びついていました.

 こういうことも,今後に活かしていってほしいなと思います.

 いろんなところで対戦相手としてお会いするチームではありますが,お互いサッカーをする仲間でもあります.仲良くなった選手たちもいたようです.コーチはそれが一番嬉しいかな〜〜.

 最後は荻野コーチの提案で,肩を組んで記念撮影.
 
 甲東VIVOのみんな,ありがとう!

拍手[1回]

秋合宿 その③

21時消灯,就寝・・・

ですが,寝る訳がないですね.
親元を離れ,テンションダダ上がりの状態では・・・.

 ただ,1人だけ爆睡した選手がいました.今日一日頑張ったんやろね.

一部屋は4人部屋ですが,あとは全部2人部屋.2人で話しているもの,大勢集まってる部屋などさまざまでしたが,基本みんな喧嘩することも無く,仲良くじゃれている感じですね.

 言っても寝る訳が無いので,コーチはそこでようやくお風呂へ・・・.

 戻ってきてもまだウロウロしている選手には,廊下では騒がないことだけ伝えて部屋へ・・・.

 23時に見回った時には,およそ半分くらいの選手は寝ていました.
0時では大半の選手が寝てましたので,まあ想定内かな.眠くなったら寝るし,寝なければ明日しんどいだけだし・・・.ということでコーチは睡眠.

 
 朝,ドアの開く音がしたのでふと目を覚ますと,どうも鹿の子のTシャツらしき色が見えました.
6時前・・・(笑)

 しばらくうとうとして,6時過ぎに起きて見回ると,全員すでに起床(笑).
しかも何人かは鬼ごっこが始まってる状態.どんだけテンション高いねん!

 朝,起きれないことも心配していたのですが,全員起床しているので,少しはやめに外で体操.朝食.
 朝食も,全員が完食.昨日の晩は言ってなかったのですが,食べた後にテーブルを拭こうと言ったら,食事係がちゃんとしてくれてました.素晴らしい!

 グラウンドに向かうのに,試合で使うものとそうでないものを分けて,試合で使わないものと,重たいチーム荷物はコーチの車に持ってくるように言っておくと,全部ちゃんとしてくれてました.数人,試合で使うものをそうでないバッグに入れていたりはありましたが,許容範囲.

 チェックアウト時のシーツなどもちゃんと外して,リネン室へ持っていけてましたし,見た限り忘れ物も見当たりませんでした.

 ユニフォーム姿をみると,ちゃんと汚れも落ちてました(笑).

 試合以外のところで,概ねみんな自分のことは自分でやれたのではないかと思います.
みんな素晴らしい!

拍手[3回]

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

鹿の子台FC HP

http://kanokodaifc.takara-bune.net

プロフィール

HN:
鹿の子台FC
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R